アマノ MX-300

アマノ MX-300で、毎日、毎月の計算が楽々

社員集計と、フリーパート・時間帯集計を同時に行う事が出来るタイムレコーダーとして人気なのが、アマノ MX-300です。
同時に集計を行えるため、毎日の計算が非常にスムーズに、時間集計や、毎月の計算が楽々になる点が魅力のシステムとして知られています。

それぞれ雇用形態に分けた集計方法を出来るため、締め日の計算方法も非常に簡単に、管理がしやすくなるという点が1つのポイント。
正社員のみではなく、アルバイトやパートを雇っている企業の場合は特に、重宝するタイプのタイムレコーダーとして、アマノ MX-300は活用されています。

社員集計の場合は、所定内時間数、残業時間、深夜時間など、それぞれの項目に分けられて集計が行われますので、非常に便利です。
特別日と平日に分けて別途集計もしてくれますので、締め日がより一層楽になるといえるでしょう。

また、フリーパート集計の場合は、毎日の基準内の労働時間数、残業時間数に応じた集計を行い、時間帯別パート集計では、1日を4つの時間に分けて集計してくれます。
この点も非常に便利に使えるポイントとして、管理者が扱いやすくなるメリットと言えるでしょう。

後からチェックした時に良くわかる、マークの印字も魅力の1つ。
タイムカードを押した際に、遅刻や早退などの場合は、カタカタのチ、ソと書かれて、後から見たときに一目瞭然。
また、徹夜明け勤務を意味する徹というマークを始め、特別日出勤を意味するカタカタのトマークなど、管理がしやすいマークの工夫も嬉しいポイントとして知られています。

便利な機能多数搭載で、使い勝手抜群

アマノ MX-300では他にも、便利な機能が多数搭載されており、非常に使い心地が良いタイムレコーダーとして人気です。

例えば、出勤人数をカウントしてなりすましによる不正打刻をチェックする出勤人数カウント機能を始め、総労働時間表示機能も搭載。
一人一人がどれくらい働いているのかが一目瞭然で、管理する際の参考にすることができるでしょう。

また、バリアフリー対応で、操作音によってボタンを押すことが出来る他、バックライト機能搭載で、必要に応じてオンオフを切り替えることができるのも魅力です。

他にも、インクリボン残量表示機能や、早出の時間数計算対応、簡単設定機能、印字欄自動判定機能に至るまで、有りとあらゆる嬉しい工夫が詰め込まれています。
実際に使った時の事を考えて、様々な工夫が施されている点が、アマノ MX-300の大きな特徴と言えるでしょう。

従業員側はもちろんのこと、管理者サイドも何かと使いやすい工夫が施されている、アマノ MX-300。
シンプルデザインで様々なシーンに溶け込む点も、選ばれる理由と言えるでしょう。