webを使った勤怠管理システム

勤怠管理システムは現在多くの企業でオンライン化が進められています。
その方法として最も簡単に導入できるのが、Web上のシステムを使用するというサービスです。
従来のような紙のカードを打刻するタイプの勤怠管理では、月に一度それをパソコンなどに打ち込んで計算をするという二度手間が発生するため、あらかじめ打刻した情報をオンラインサーバーに送信してしまうという方法がとられるようになってきています。
そのためにあらかじめ勤怠管理用のパッケージソフトを導入して、タイムレコーダー機器にICチップなどを通すことにより、オンラインを通じてサーバーに時間情報が送信されるというタイプの製品が一般的になってきています。

ですがそうした所定の専門のタイムレコーダーを使用する場合に問題になるのが、一旦その機器のある場所へ戻らないと打刻ができないということです。
企業内で働くスタッフが必ずその店舗やオフィス内に常にいるという企業ならそれでもよいのですが、営業販売がメインの業務となるような企業などでは、いちいち会社に戻らなくては打刻ができないというのは大変不便です。

また、システム企業などではスタッフは直接依頼先の企業や現場に行き作業を行う、直行直帰の仕事形態になっているようなこともあります。
そうしたときには電話連絡などで報告を義務付け、そこでの内容に従って本社にいる人間が代わって打刻をするというようなことも行われています。
ですがそうした報告性では融通をきかせるという意味での不正が起こったり、聞き間違いや報告漏れによる時間記録のミスが起こりやすくなります。

そこでそうした企業形態での利用に便利なのが、Web上のシステムを使用した勤怠管理システムです。
Webサービスでの勤怠管理システムなら、携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末からアクセスをすることでどこでも手軽に打刻をすることができます。
パソコンなどで勤怠管理をしてしまうと、事前に特定のソフトをインストールする必要があったり、WiFiなどが使用できないところでは打刻ができないという問題がありました。
ですが、モバイル対応のWeb管理システムなら、いちいち設定を機器に設定しなくてもアクセスできればそれだけで一元的な管理が可能になります。

アルバイトなど一時的に雇用する場合にも契約終了後に残るのはURLの記録だけなので、終了後にログインIDを消去すれば問題になるということもありません。