Android端末をタイムレコーダーに

最新式のタイムレコーダーでは、Androidを使ったシステムが導入されています。
株式会社コヴィア・ネットワークスでは、一般的に販売されているタブレット型端末を使用したタイムレコーダー勤怠管理システムをリリースしています。
サービスの名前を「CraReco」といいますが、こちらはタイムカードとして個人にICチップ付きのカードを配付し、そちらを使って打刻していきます。
打刻はカードを画面上にかざすだけなので、場所もとらずに簡単に勤怠管理をオンラインで行うことができるようになっています。
通常のタイムカードでは、打刻をする前にタイムカード機器側の方で出退勤や休憩などの情報変更をしなくてはいけませんでしたが、こちらのタブレットを使用したサービスの場合はカード一枚の中に情報が入っているので、面倒な設定管理がいりません。
紙製のカードに打刻するときに設定管理を間違えてしまい、2重押しになってしまったり、全く違ったところに打刻されて読み取れなくなってしまったような経験がある人も多いでしょうから、この機能はかなり便利なものと言えます。

タブレット端末を使用したタイムカード勤怠管理の大きなメリットは、常にオンラインでの通信ができるので打刻情報が瞬時に中央サーバーに転送されあとから編集をしたりする手間をせずにすむということです。
紙製でのタイムカードでは一月に一度回収したカードを目視でチェックをしながら担当者が打ち込んでいかなくてはいけませんでしたが、こちらなら月一と言わず常にリアルタイムに集計をして把握をすることができるようになっています。
またこの「CraReco」は初期費用が15,000円(税別)、月額費用でも850円(税別)、ユーザー一人につき300円というかなりの低料金設定なので、すでに社内にタブレット端末がある企業なら全く新たに機器を購入することなくすぐに使用をすることができます。

タブレット端末を使用した打刻でもう一つ便利なのが、複数の端末から打刻が可能であるということです。
製造工場内など複数の棟があるような企業や、小さな営業所がたくさんあるような企業の場合いちいちタイムカード設置場所に戻って打刻をしなくてもそこにある機器を使って行うことができるという点が便利です。
病院内のように診療科によって勤務シフトが微妙に違っていたり、アルバイトやパート、契約社員など複数の雇用形態のスタッフがいる現場にもおすすめです。