介護録システム

介護の現場で広がるITシステム利用

スマートフォンやタブレットとした高性能小型端末が手軽に購入できるようになったことで、業務サービスにも広く使用されるようになりました。

中でも特に積極的に導入が進められていることの1つに介護の現場があります。

介護においては受ける側の人の健康管理を継続的にしていく必要がありますが、そのためにスマートデバイス端末を活かしていくことで手軽にチェックをすることができます。

これまでは介護の現場では介護者についての記録を手書きで書類として残しておくことが多かったのですが、それでは介護期間が伸びることで保管場所に苦労をするようになったり、担当者が変更になって引き継ぎをするときに手間がかかってしまったりします。

ペーパレス化をいちはやく進めてきた企業においては、PCやノートパソコンを使用して記録をしたりもしていましたが、パソコンの場合入力の手間がかかるため結局は手書きで記録をとり、あとからまとめて入力をするといった二度手間が必要になったりもしました。

その点タブレットなどデバイス端末なら、ノートほどの大きさと薄さで持ち歩けるため画面をタッチするだけで簡単に記録をすることができ瞬時に中央サーバーに記録を送ることができます。

遠隔地での医療・介護にも

そうしたタブレット端末を使った記録システムは、都市部の医療施設や介護施設ばかりでなく遠隔地でも使用をされています。

むしろ本領を発揮するのはそうした人員を十分に確保できない地域医療の現場の方とも言え、担当職員がそれぞれの家庭を訪問しながら手軽にチェックをしていくという方法で介護や医療を進めていくことができます。

また最近では突発的な自然災害による被害が各地で起こってしまっていますが、そうしたときに一番のしわ寄せを受けるのは高齢者です。

紙により本人の健康状態が記録保管されていた場合には、自然災害などにより施設のファイルが紛失・破損してしまうと記録が全くない状態になってしまうので、持病や常用薬を確認することができず避難所で大変苦労をすることになります。

その点デバイスなどで中央サーバーに記録があると、安全確認とともに必要な健康管理情報を見ることができるので、より適切な対応を現地でとっていくことができます。

介護記録システムは職員管理にも役立ちます

介護を受ける人のためのシステムではありますが、こうしたアプリケーションソフトの多くは同時にそれを担当する職員の管理にも使用できるようになっています。

介護記録システムは複数の業社より販売されていますが、それぞれ独自の特徴を持ちつつ基本的な記録項目はかなり実用的なものに絞られています。

毎日の患者さん・要介護者の記録をしつつ、それを担当する職員の出退勤の状況を記録したり、必要な経費として使用した帳票を入力したりといった機能も揃っています。

他にも訪問看護を行う場合のルート検索や他の職員との現在位置確認といったことも端末を通じて手軽にできるようになっているので、使用するアプリケーションを選ぶときには事業規模や対象となる高齢者の状態に応じて選ぶようにするとよいでしょう。