TOKAI TR-001

シンプルなアナログ時計が可愛い、TOKAI TR-001

非常にシンプルなデザインで、アナログの時計盤が何だか可愛らしいタイムレコーダーとして知られているのが、TOKAI TR-001です。
LCDディスプレイと時計も地盤による非常にシンプルな構造のタイムレコーダーとして人気を集めており、価格帯もお手頃な点が魅力と言えるでしょう。

販売店によっても異なりますが、価格帯は1万5千~2万円前後。
メーカ保証付きの商品も多く、万が一の際にも安心して使う事が出来るでしょう。

そんなTOKAI TR-001ですが、機能性は至ってシンプルを追求したもの。
1日最大6列出勤打刻が出来、赤と黒の2カラー印刷が可能で、遅刻や早退などのイレギュラーがおきた際も、一目瞭然と言えるでしょう。
使いやすさはお墨付き、非常に人気が高い商品として知られています。

更に、万が一停電が起きたときの、バックアップも充実。
バッテリー付きで、停電時でも最大8時間印字動作可能という点を始め、メモリー保持機能付きで、内部時計もきちんと動くという事も嬉しいポイントです。

人がいない時間帯にひっそりと停電しており、気がつかないうちに時計の時刻が狂っていたという経験をしている企業も少なくありません。
ビジネスで活用する非常に重要なアイテムだからこそ、こうした細かい配慮が備わっていることが、便利なポイントと言えるでしょう。

誤ってタイムカードを入れた際にも安心!

タイムレコーダーを利用する際に良く起るトラブルが、用紙の向きの入れ間違い。
用紙の表裏を入れ間違えてしまって、正しい面に印字をされず、裏面に時刻が印字されてしまったという方は少なくありません。

気がついて打ち直せばまだ良いのですが、その事に気がつかず、裏面が真っ黒になってから、表面が白紙になっている事に気がついたという方も、実は多いでしょう。

そんなトラブルを防ぐためにも活躍するのが、自動判断、自動停止機能です。
こちらはタイムカードの表面裏面を自動的に判断し、万が一間違った面を指し入れてしまった場合は印字をされず、自動停止機能が働きます。

さすがにタイムカードが押される音がしなければ、ほとんどの方が気がつきますので、安心して出退勤を押すことが出来るト言えるでしょう。

TOKAI TR-001は、シフト時間による印字自動切り替えも可能ですので、必要に応じて設定をすることが出来ます。
シンプルで有りながら、このように、細かい配慮と工夫が施されることで、実際に使う人の事を考えたときに、便利に活用する事が出来るでしょう。

初めてのタイムレコーダーを導入するという際にも人気が高い商品で、コスパの良さも魅力として知られています。