nippo タイムボーイ8プラス

3種類の印字パターンで使い勝手が良い、nippo タイムボーイ8プラス

出来るだけわかりやすいタイムレコーダーを使いたいけれど、あまりにもシンプルすぎるタイプだと、必要な機能が揃っていなくて困っているとお嘆きの方におすすめなのが、nippo タイムボーイ8プラスです。

nippo タイムボーイ8プラスでは、計算人数最大で50人までの、中小企業向けタイムレコーダーとして知られており、三種類の印字パターンで、勤怠管理を出来るのが魅力になります。

特製のカルコロカード使用時は、出退勤1ずつの二欄印字+累計字数印字タイプと、出退勤1ずつの二欄印字+日計時数印字、そして、シンプルな出退勤1ずつの二欄印字のみの三種類が印字可能です。
タイムボーイNカード利用時は、4欄、2欄の打刻が出来ますので、有る程度細かく、ですがシンプルに記録をつけることが出来るでしょう。

徹夜キーも搭載されていますので、深夜帯作業があるお仕事や、夜勤時間帯があるお仕事の場合でも、便利に活用する事が出来ます。
日替わり時刻の設定は自由に設定することが出来ますので、労働時間に合わせて設定時間を変えることも出来るでしょう。

時間表示設定は、12時間ごと、24時間ごとの二種類で切り替えが可能ですので、利用するシーンに合わせた切り替えが可能です。
タイムカードの印字そのものは24時間印字が出来ますので、安心して活用する事が出来ます。

電源オンですぐに使えるスピード感も魅力

nippo タイムボーイ8プラスでは、難しい初期設定や面倒な設定をせずとも、年月日、時間、締め日などの初期設定は済んでいますので、問題が無ければそのまま電源をオンすることですぐに使う事が出来るでしょう。
初期設定の値は、20日締め・日替わり時刻が3時に設定されていますので、必要に応じて設定を変えてみて下さい。
問題が無ければ、そのまま利用することが可能です。

設定を変える方法も難しくありませんので、サクサクと準備をすることが可能です。
必要な機能は全て搭載されている物の、利用するまでがすぐに始められる、面倒すぎる時間がかかるような設定は、特にない点が特徴と言えるでしょう。

HELP機能搭載で、何かわからないことがあったときも安心。
インターネット上に取扱説明書も掲載されていますので、サクッと調べてサクッと準備することが可能です。

また、nippo タイムボーイ8プラスでは、火災の要因となるトラッキング現象を防止する、特殊加工を施した電源コードが使われています。
人がいないときにタイムレコーダーがトラッキングを起こして、火災に繋がるという事も少なくありませんので、こうした工夫がされていると安心して使う事が出来るでしょう。