建物全体でタイムスタンプ機能

高度に発達したタイムカードでは、
タイムスタンプ機能を使って建物全体でリアルタイム監視システムを構築することも可能です。
一時期社内で勤務するスタッフを監視するという目的で
社内の多くの場所に監視カメラを設置するという方法を行った大企業がありましたが、
そのような四六時中誰かの目にさらされているという環境はまるで牢獄のような圧迫感があり、
むしろ作業効率を阻害するような大きなストレスを与えるものでした。

結果として多くのスタッフが短期で退職をするという結果にもなってしまい、
監視カメラによるスタッフの管理では適切に業務に活かすことができないということがわかりました。
そこで新たな管理システムとして注目されているのが、このタイムスタンプ機能を用いた監視システムです。

建物全体をタイムスタンプとする場合、まず従業員には社員証としてICチップ入りのカードを配布します。
それを使用することで、建物の入口からオフィスの各部門のゲート、
倉庫やロッカーなどそれぞれの扉を通ることができるようになります。
簡単にいえば、SFものの映画などで見かけるゲート前の認証パネルがつけられているといった感じです。
ICチップにはそのスタッフの権限や出入りが許されるエリアを権限として付与しているので、
必要のない倉庫や他部門に自由に出入りすることはできなくなっています。

もちろんすべての扉につけることもできますが、
そうすると今度はいちいちカードを出さなければいけないという煩雑さが生じてくるので、
特に重要な社外秘情報を扱う部門や研究室にのみゲートキーパーをつけることが多いようです。

そうしたタイムスタンプ機能を利用することで、出退勤の情報はもちろんのこと、
どこでどんな行動をしたかをあとから追跡することができるようになります。
例えば万が一社内で重大な情報漏洩や盗難が起きた場合などに、
ロッカーの使用者をすぐに特定することができます。

また特に大切なゲートにおいては、無理やり中に押し込もうとするなど危険な状態になったときには
自動的に警報が鳴りガードマンに連絡がいくというようなしくみにすることもできます。
タイムスタンプ機能を使った建物では、勤怠管理、セキュリティ管理、リスク軽減といった
様々な面での問題を一元的に処理することができます。
大企業向けのシステムの他にも小規模な事業者むけの小型版の製品も多く開発されてきているので、
今後はより広く普及していくことでしょう。