rakumo

Felicaがあれば簡単記録が可能

rakumoは日本技芸が開発したFelicaを使った簡単なタイムレコーダーシステムです。

rakumoを導入使用するときには、ソフトバンクやUSENなど販売パートナーとなっている企業を通し購入とメンテナンスをしていくようになっています。

システムも特徴は、パソコンブラウザを通じて簡単に打刻ができるということと、打刻のために使用されるのが電子マネーやおサイフケータイでおなじみのFelicaであるという点です。

そうした非接触型端末を使ったタイムレコーダーの場合、通常は専門の機器を購入して出入口の前などに設置をしていくことになりますが、rakumoはそうした機器をいちいち購入・設置する必要なくアカウント契約をすることで手軽に既に持っているPCを通して利用していくことができます。

rakumo独自の特徴とユニークさ

rakumoを使用するときには、Felica対応機能を持ったPCもしくは専用の読み取り機を用意します。

利用をする前には前項で説明した代理店とアカウント契約を行い、初期設定をしたのちにそれぞれの部署でソフトをインストールして使います。

スマートフォンの場合、Felicaが使えるのはAndroid端末だけなので使用可能な機器は限定されますが、そちらに必要なアプリをインストールすればタイムカードの代わりに使用をすることができます。

ユニークなのは実際に打刻を行うと画面上に登録をした従業員のアバターが出てくるようになるという点です。
すると自分が打刻したときに直近で誰が入ったかというようなことを確認できるので、SNSやオンラインゲームをしているかのような楽しさがあります。