給与計算の基本構造について

給与計算、基礎を知っていますか?

勤怠管理において重要な知識となるのが給与計算の知識です。
基礎をしっかり学ぶことで、正確で正しい勤怠管理につながるので、給与計算についてしっかりと知識を持っておくべきです。

最近は勤怠管理が出来ているようでできていないという企業も非常に多くなっていて、勤怠管理が出来ていないことで、結果、残業代未払と指摘されて莫大な費用を従業員に支払わなくてはならないというなった企業も多いのです。

まずは給与計算という勤怠管理の基礎からきちんと知識をもって対応しましょう。

給与計算の基本

給与計算を大雑把に表してみると「総支給額-控除額=差し引き支給額」という計算です。
労働契約に基づき支払う労働の対価、それが給料ですが、全額支給すればいいという単純なことではなく、所得税、住民税などの税金や健康保険料をはじめ厚生年金保険料、雇用保険料などの社会保険料などを、企業側が給与から源泉徴収する、そして納付するということが「法律によって」定められており、これを法定控除といいます。

法定控除以外のこうもくについても、労使協定(企業と従業員代表が話し合い決定したもの)が締結していれば、給与から控除する事が出来ます。
例えば社宅、寮の使用料や組合費用、生命保険料や社員旅行積立金などです。

支給総額とは

給与計算の基本は支給総額です。
分類はいくつかあります。

まず基本給と諸手当です。
基本給は給料の主軸で、年齢、勤続年数、経験、能力などを考慮し、企業が給与規定で定めます。
基本給を本給、役割給、職能給と分けていることもありますし、手当は役職、家族、営業、住宅、時間外労働、深夜・・・など様々な手当てがあります。
これらの賃金の額は給与規定によって定められているはずです。

基準内給与は就業規則で定められている所定労働時間の労働をした場合に支払われるもので、基本給、役職、営業手当など労働時間に関係なく支払わられる諸手当などがこの基準内給与に当ります。
基準給与は所定労働時間以外に働いた際、支給される時間外勤務、休日勤務、深夜勤務などの手当てをいいます。

固定的と非固定的の違いですが、固定的というのは勤務時間や営業成績などに関係なく一定額支給される給与の事で、家族手当、役職手当などが固定的給与です。
そのほか、残業、休日出勤、さらに営業成績による変動がある給与は非固定的給与となります。
歩合給やインセンティブなどがこれに相当しています。

こうした給与の細かい規定や基本を知る事で、給与計算の基礎を知ることできます。
単純な計算ではなく、その法律や規定に基づいた給与計算をしなければならないので、基礎、就業規則、法律などを知っておくことも必要なのです。