タイムカードと勤怠管理システムを比較

タイムカードのメリット・デメリット

【メリット】
導入時の初期費用が安価。

取り扱いが簡単で、2~3個のボタンを操作するだけで誰でも使用が可能。

昔から行われている方法であるため、使用をするときの抵抗感が少なく新入社員や新人にとって説明がしやすい。

すぐに確認をすることができるので、間違いを手書きで書き直すことができる。

【デメリット】
月ごとに新しいカードを用意しないといけない。

締め日から給料日までに集計と確認のための作業をする人員が必要になる。

他人に代行して押してもらうなどの不正行為が簡単にできてしまう。

本体の時計が狂っていると正しい時刻を打刻することができない。

勤怠管理システムのメリット・デメリット

【メリット】
新たに何らかの機器を購入しなくとも、タブレット端末やスマホから簡単に導入をすることができる。

社内の特定の場所にいちいち行かなくても外出先からも簡単に勤怠管理をすることが可能。

集計をいちいちしなくても記録をすると同時にリアルタイムで勤怠管理をすることができる。

給与計算や所得税・市民税の計算といったことが同時に行うことができる。

【デメリット】
最初にシステム管理領として高い経費がかかることもある。

スタッフにスマホやタブレットのリテラシーがないと扱いを覚えるまでに時間がかかることもある。

指紋認証などのバイオメトリクス認証を行う場合に抵抗感を示す人がいる。