パートやアルバイトでも有給休暇は付与されます

パートやアルバイトにも有給取得権はあります

本来勤務をしなくてはならない日に休日をとることができる有給休暇は、労働者全てに共通して与えられる権利となっています。

この点がよく誤解をされているのですが、雇用保険などの社会保障制度がないパートやアルバイトという非正規雇用は有給休暇取得もできないものというふうに思い込まれており、実際に取得を申し出るケースが大変少なくなっています。

ですが労働基準法においては有給休暇の定めを正社員だけとする規定はなく、就業日数の条件が満たされていれば雇用形態にかかわらず誰でも取得申請をすることができます。

ただ有給休暇取得権が発生をするのは6ヶ月以上同一の企業で継続勤務をしており、かつ全労働日の8割以上を出勤した人のみというふうに定められています。

この計算方法では一日あたりの勤務時間が非常に短い人や、実働が一週間で1~2日のみという場合には難しくなりますが、非正規雇用でも契約社員さんなどは正社員と同じく週5日でフルタイム勤務をされている人がほとんどと思いますので、その場合には堂々と取得申請が可能です。

有給休暇の日数計算も決まっています

ただ週に数日という勤務の人であっても、独自の有給休暇算出のための計算方法により発生する日数は少ないものの有給取得をすることができるものとなっています。

例えば年間の労働日が169~216日(フルタイムで週4日ペース)ならば継続勤務が6ヶ月を超えた時点で年間に7日の有給取得ができるようになります。

なお上記で説明した実働日数の8割以上の勤務をする人ならば年間10日の取得ができます。

年間労働日が48~72日(フルタイムで週1日ペース)の人なら6ヶ月継続勤務をすることで得られる有給は1日です。

ただし同じ労働日数ペースであっても、そのあと1年6ヶ月、2年6ヶ月といったように1年経過するごとに日数は増加していくきまりですので都度計算をしていくようにします。

有給取得をする場合には、事前に申し出をすることにより本来ならば勤務をすることになっていた日に労働をしなくてもよくなり、かつその日の分の日当はそのまま受け取ることができます。

「休んだらクビになってしまうかも」という悩み

しかしながら法的な権利として存在しているパートやアルバイトの有給休暇であっても、実際に取得をすることができる例というのは非常にまれです。

というのはアルバイト勤務の人などは正社員のように実働日に必ず出勤が義務付けられているわけではなく、大抵はその月のシフトを決定する時期にあわせて何日くらい働きたいかという申し出をして、人事担当者が日数を足りない日に合わせて入れるという方法が取られているからです。

また近年では少しでも人件費を減らそうとパートやアルバイトを雇う人数もギリギリにしているお店や企業が多く、「日当は受け取るけれどもその日は仕事はしない」というアルバイトやパートが出始めるのを迷惑に感じてしまいます。

アルバイトやパートの人としても、もし有給を取得したいなんて言い出したらクビになるかもしれないと思う人もおり、実際には申し出すらできないというのが現状です。

難しい問題ですが、今後取得をする人が増えてくればもう少し自然に有給取得ができるようになるのではないかと思います。