「フレックスタイム制」の基礎知識

フレックスタイム制とは

最近よく耳にするフレックスタイム制とはどのような就業になるのかというと、平均的に利用されている企業の就業時間、9時5時にとらわれることのない勤務体制です。
政府においても世界トップレベルの雇用環境、働き方の実現という事をかかげていて、働き方を改正していこうという動きが高まっています。

通常どこの企業でも、出社時間があり基本的な業務終了時間があります。
フレックスタイム制は日本において1988年から導入可能となったもので、主筋時間が自由という制度です。

何となく「何時に出社しても自分の仕事をこなせばいい働き方」的なイメージを持っている方も多いと思いますが、フレックスタイム制の管理についてほとんど知らないという方が多いのが実情です。

どのような仕組みなのか

フレックスタイム制は、1ヶ月を上限として一定期間内の総労働時間を改めて決めておいて、働く人たちはその範囲内で各労働日における労働時間を自主的に決めて働くという制度です。
1ヶ月を上限とする一定期間の事を清算期間としています。
清算時間というのは、フレックスタイム制を導入する場合に、労働者が労働すべき時間を定めているもので、清算期間の長さについては1ヶ月以内となっています。
賃金計算に合わせて毎月1日から月末までなど、起算日、長さを決定していることが必要です。

このフレックスタイム制を利用する場合、対象となる社員の範囲を決めておいて、始業、終業時刻を労働者の決定にゆだねるという形になります。
つまり、始業、終業時間は会社として決めていないという事です。

通常このフレックスタイム制を導入する場合、企業でコアタイム「必ず出社していなければならない時間帯」を決めているか、フレキシブルタイム「そのうちいつ出社・退社してもいい時間」に分けています。

フレックスタイム制のメリット

このフレックスタイム制のメリットは、労働者が自分の生活パターンに合わせて勤務時間を変える事が出来るという点です。
例えば働くお母さんは、お子さんの保育園の送り迎えがある、病院へ通院しなければならないということなど、自分の都合に合わせて有給休暇などを消化しなくても自由にコントロールできるのです。

もちろん、早い時間に出社して午後早めに帰宅するということも自由です。
仕事の成果で評価するという企業が多くなっていることで、フレックスタイム制は非常にメリットの高い規則といえます。
IT企業などで多くフレックスタイム制が導入されていますが、朝通勤ラッシュの時間をさけて通勤できる、かなり遅くまで業務した翌日はゆっくり出社する等、マイペースに仕事ができることでストレスの軽減になっているともいえます。
メリットが高い、労働者が働きやすいという事で、フレックスタイム制の導入を考えている企業も多くなっています。